カプセルとスプーン
  • ホーム
  • 低血圧の対策は意外と知らない

低血圧の対策は意外と知らない

疲れやすくてすぐに横にならなければならない・体がだるいというのは低血圧が原因の場合があります。
疲れやだるい以外に頭痛やめまい・胃もたれ・吐き気・不整脈・肩こりなどは、どれもが低血圧の症状です。

心筋梗塞や脳梗塞のリスクも高まるため血圧が高すぎるのは重要視されています。
不整脈や疲れやちょっとした頭痛は見えない病気だけに医療機関を受診する人も少なく、何となく不調を抱えながらもそのまま過ごしている人も多いでしょう。
とはいえ、もしもこれらの症状を感じたら血圧を測定するようにしてみてください。
最高時の血圧がいつも110mmHG以下なら低血圧の可能性は高いです。

血圧が高い人が増えているのは、現代人のライフスタイルに原因がありますが、低血圧だって同様です。
ライフスタイルを見直していつもの習慣を改善すれば、毎日を元気に過ごせるようになるはずです。

低血圧対策としてまずは食習慣の見直しです。
食欲がないからと食事をきちんと取らず、栄養バランスが悪くなっている方が多いのです。
それによりだるくなって更に食事を作ったりきちんと食べることができなくなっているため悪循環です。
特に肉や魚・大豆などのタンパク質をとること・野菜や海藻でミネラルを補うことを考えてください。
塩分もきちんと取るようにしましょう。

運動も対策法として有効な方法です。
足や手の先といった末端部の血液が心臓にうまく戻っていないからこそ血液の循環が悪くなっているのです。
足の血液を循環させるのに有効なのがふくらはぎの筋肉です。
ウォーキングをして筋力をつけましょう。
手の血液を循環させるためには、手をにぎったり開いたりという動作を意識して毎日繰り返してください。

見えない病気である低血圧ですが、血液の循環がうまくいかないのであれば手足がむくみやすくもなっているはずです。
わざわざウォーキングの機会を作る暇がないというなら職場でエレベーターではなく階段で上がるようにするだけでもいいのです。
とにかく対策をすることが肝心です。

貧血と低血圧ってどう違う?

低血圧は女性に多い病気ですが、同じく女性に多い病気として貧血もあります。
貧血と低血圧は、めまいや立ちくらみといった似た症状を持つものの、その原因はまったく違います。

貧血というのは血液が薄くなっている状態なのです。
採血して調べると分かります。
赤血球に含まれるヘモグロビン量が減少しているはずです。
ヘモグロビンは酸素を運ぶという重要な役割を持つため、欠乏するとめまいがしたりふらふらしたりしてしまうのです。

一方の低血圧は貧血とは違い、血液自体には問題はありません。
心臓から押し出された血液が動脈を通るときに血管壁におよぼす力が血圧であり、その力が弱くなっているのが低血圧なのです。
酸素や栄養などを体全体に届けるという重要な役割を持つ血液ですが、血圧が低くなってしまうと心臓より上の重力に反してしまい、血液を送らなければならない脳にきちんと血液が行き届かなくなってしまいます。
身体の末端部分だって、足まで血液を下ろすことはできても、それをまた静脈を通じて血管まで戻すことができなくなります。
その結果、倦怠感や立ちくらみ・冷え性・肩こり・動悸・食欲不振といった症状が出てしまうのです。

貧血でヘモグロビン量が薄まっている原因としては骨髄や血液の病気が関係することもあり、だからこそ検査をする必要があります。
低血圧は血圧が高い場合と違って重篤な病気にはなりにくいのですが、とはいえ未病の状態を常に抱えたまま日常生活を送るのは大変です。
やはり血圧を調べるなどして自覚し、対策を取る必要があるのです。
それぞれ原因が異なるのですから対策法も違います。
目に見えない病気であっても不調が続くのであれば、一度専門医に相談してみて原因を特定するところからはじめましょう。

関連記事
  • 葉の上にあるカプセル
    ノルバスクとミカルディスってなに? ノルバスクもミカルディスも高血圧の治療に使われる降圧剤ですが、体内で血圧を下げる仕組みが違うことから... 2019年05月01日
  • 貧血になりやすい人の特徴ってある? 貧血という病気は軽く考えられがちなのですが、特に、女性は生理がある間には誰もが貧血になりやすい状態に... 2019年08月17日
  • 色々な薬と薬のケース
    高血圧の何が危険なの? 若い人で高血圧だと言われたことなどない人でも、走った後やスポーツを観戦して興奮した後などは、血圧が高... 2019年05月27日
  • 葉の上にあるカプセル
    高血圧の原因を知って危険を回避 年齢を重ねたら高血圧になるのは当たり前のことで仕方がない、と思っている人も多いようです。 確かに加齢... 2019年06月12日
  • 葉の上にあるカプセルと瓶
    高血圧と頻尿の関係性 高血圧と頻尿はあまり関係が無いように思われますが大きな関係があります。 血圧は一日の中でも常に変動し... 2019年05月12日
人気記事一覧