カプセルとスプーン
  • ホーム
  • ノルバスクとミカルディスってなに?

ノルバスクとミカルディスってなに?

葉の上にあるカプセル

ノルバスクもミカルディスも高血圧の治療に使われる降圧剤ですが、体内で血圧を下げる仕組みが違うことからそれぞれ別のグループに属しています。
ノルバスクはカルシウム拮抗薬と呼ばれるグループで、血管を収縮させるカルシウムが血管壁に流入するのを防いで血圧を下げます。
ミカルディスのほうはARBと呼ばれる系統に属し、体内の血圧上昇システムで作用する物質の働きをブロックして降圧作用をもたらします。
ノルバスクもミカルディスも同系統の他の薬よりも比較的新しく開発された薬ということで、副作用がさらに少ないことから処方数を増やしている降圧剤です。

ノルバスクやミカルディスのほかにも高血圧の薬は数多くあり、効き目をあらわす仕組みが違う別のグループも存在します。
血管に直接作用して効果を発揮するノルバスクは他の臓器に余計な影響を及ぼさずに血圧をしっかりと下げます。
ミカルディスのほうは降圧作用のほか心臓などを守る臓器保護作用や血糖値改善効果も持っているため、そういった方面の治療が必要な人に向く薬とされています。
治療に関しては診察や検査によって医師が症状や体質を見極めて、患者それぞれに最適な降圧剤を処方します。

ノルバスクもミカルディスも医師の指示や用法用量を守って服用を続ける限り重篤な副作用は起こりにくいと言われています。
高血圧治療薬の中には心臓の働きに作用して効果を発揮するタイプもあり、基本的に医師から高血圧症と診断され処方箋を出してもらわなくては購入できません。

最近では個人輸入代行の通販ショップで処方箋無しでもさまざまな薬が購入できるようになっています。
特に降圧剤のような効き目が強いものは普段服用している処方薬が無くなりそうな時や災害備蓄用ストックのために買い足すといった利用に留めておくほうが安全と言えます。
個人輸入ショップからの購入は薬代節約のため安価なジェネリック医薬品をまとめ買いすることにも役立ちます。
今一度注意事項を確認してから購入し、万が一服用後に異変があった際は医師に相談することが大事です。

通販で買うと安い!

それぞれ違う系統の降圧剤ながらも高血圧治療薬としてどちらも処方数が多いノルバスクとミカルディスは、処方箋無しで購入できる個人輸入の通販ショップでもジェネリック医薬品を含め人気が高い降圧剤です。
どちらも副作用が生じにくいというメリットを持ち、特にノルバスクのほうは6歳以上の小児にも処方可能ということで特に安心感が高く、通販での購入ハードルが低めの薬と言えます。
個人輸入ショップは処方箋無しでも降圧剤が購入できる点が重宝ですが、海外の安価なジェネリック医薬品がお得にまとめ買いできることでも人気を高めています。

海外医薬品といっても有効成分が同じであるため分量が同じであれば作用が変わることはなく、ノルバスクもミカルディスもそれぞれの成分が役立てられたジェネリック医薬品が日本の製薬メーカーからも数多く販売されています。
先発薬より安価なジェネリックは効き目が今一つという先入観を持たれがちですが効果効能は全く同じです。
違いがあるのは各メーカーが自社製品として錠剤やカプセルにする際に加える添加物の違いです。
その種類によっては効果が出る時間が違って来ることがあり、食物アレルギーがある人は添加物に使われる成分についても注意を払う必要があります。

ノルバスクが属するカルシウム拮抗薬はグレープフルーツとの相互作用で薬が効きすぎて低血圧になり過ぎる副作用が出て来る心配がありますが、ノルバスクは比較的その影響を受けにくいと言われています。
とは言え同系統の他の薬同様にグレープフルーツの同時摂取は避けるべきとされています。
薬の効き過ぎによる低血圧やそれに伴う頭痛やめまいは降圧剤の服用開始時に起こりやすいため、通販で普段服用中の薬と同様のものを購入したとしても、服用を開始してすぐの頃は特に用心しておく必要があります。
小児の場合は安全性の高いノルバスクといえども慎重に処方されるため、通販から購入した海外医薬品利用の際は十分注意して、何かあったらすぐに医師に相談する必要があります。
正しく安全に服用してこそ通販購入のお得感が高まります。

関連記事
  • 色々な薬と薬のケース
    高血圧の何が危険なの? 若い人で高血圧だと言われたことなどない人でも、走った後やスポーツを観戦して興奮した後などは、血圧が高... 2019年05月27日
  • 葉の上にあるカプセル
    高血圧の原因を知って危険を回避 年齢を重ねたら高血圧になるのは当たり前のことで仕方がない、と思っている人も多いようです。 確かに加齢... 2019年06月12日
  • 低血圧の対策は意外と知らない 疲れやすくてすぐに横にならなければならない・体がだるいというのは低血圧が原因の場合があります。 疲れ... 2019年07月19日
  • 低血圧は命に問題はない? 低血圧、とは文字通り血圧が基準値よりも下回っているもので、一般に収縮期血圧が100~110mmHg、... 2019年06月30日
  • 葉の上にあるカプセルと瓶
    高血圧と頻尿の関係性 高血圧と頻尿はあまり関係が無いように思われますが大きな関係があります。 血圧は一日の中でも常に変動し... 2019年05月12日
人気記事一覧