借金の取立てを止める(ストップ)させる方法は?

 

借金の取り立てを止める(ストップさせる)方法は?

借金の取立ての電話というのは、本当にしつこいものですよね。
自宅や職場に貸金業者から借金の取り立ての電話がかかってきた場合、
電話をかけてくるのはやめて下さいと頼んでも、
業者はすんなり止めるということはありません。それはなぜなのかというのは、
業者が取り立ての電話をかけてくる理由を考えればわかります。

 

なぜ貸金業者が借金の取り立ての電話をかけてくるのかというと、
返済日を過ぎても返済が行われていないからです。借金の返済がちゃんと行われている場合、
貸金業者は取り立ての電話をかけてくることはありません。

 

なので、貸金業者に電話をかけてきてほしくない場合は、返済をするというのが一番有効な方法です。
返済されれば基本的に貸金業者は電話をかけてきません。ただ、必ず止めるとは限りません。

 

たとえば、既に返済日を大幅に過ぎていて、契約が解除されて、一括返済を求められている場合などは、
今までの契約通りに一ヶ月分の返済をしたとしても電話がかかってくる可能性はあります。

 

上記のような状況になった場合、債務者が個人で貸金業者を相手に交渉しても、簡単にはまとまりません。
なので、弁護士に依頼して債務整理をするのが一番いい方法です。
弁護士が介入してきた場合、貸金業者は債務者本人への連絡が禁止されますので、必ず連絡を止めることになります。

 

ただ、任意整理をすることになって貸金業者と和解したとしても、返済しなかった場合は弁護士が辞任する可能性が高くなり、
弁護士が辞任してしまうとまた取り立てが始まってしまうので、そうならないためには返済を継続することが重要です。